中学受験ルネッサンス〜

        

線分図

        中学受験ルネッサンスへ戻る


これは、数や量を線の長さで表す という考えです。
小3で学習した棒グラフが基本です。

この線分図を使う特殊算は、
植木算和差算年齢算差集め算倍数算などがあり
比の文章題でも必要となってきます。


まず、和差算の基本型.
これはわりとすぐ理解できます。

  例題

お父さんの体重と僕の体重をあわせると104kgで
体重の差は40kgです。それぞれ何kgですか?


では、線分図を書いてみましょう

線分図・和差算

このように「なりますねえ
あとは省略


  次の例題

お兄ちゃんと僕は遊戯王カードを集めています。
お兄ちゃんの枚数は僕の2倍より4枚少なく
合わせて38枚です。
それぞれ何枚もっているか?

ここで
「2倍より4枚少ない」という表現が
線分図として、すんなり書けない子がいます。

こうですねえ

線分図・倍数算


求め方は
38+4=42 で山 3つ分ができます。
3つ分が42だから
42÷3=14 で
僕は14枚となります。

この2倍になっている・・とか
3倍になっているなどの表現を
線分図として正確に書ける練習をまずしてください。


この基本が身についていると
比の文章題でもこわがることはありません

  例題

お姉ちゃんとわたしは、「モー娘。」のカードを集めています
お姉ちゃんとわたしの持っている枚数の比は、
7:5でその差は12枚です
それぞれ何枚持っていますか?

線分図はこうなります


線分図・比


ここでは
比の差を考えます。
F−D=Aですね
これが、12枚に当ります

だから、A=12枚 で
@=6枚です
わたしは、D持っているから
6×5=30枚 
持っています。


枚数も、体重も、体積も、比の大きさも
すべて線分図で表せます。

是非、この考え方をマスターしてください。


TOP受験算数は2トップ・2バックノートは学習履歴書80対20の法則ワクワク文章題理科・暗記法
| 観光ガイド学習法合格実績コラムFAQ暗記CDお薦め本リンク



戻る

topページへ戻る