本文へスキップ

中学受験の応援サイト 中学受験ルネッサンス

算数 法則その3

合格の法則「合格の80対20の法則」

受験算数のすべてを完全に理解するには、
とてつもなく時間がかかります。
「法則その1」で説明したことの裏づけにもなっているのが、
この80対20の法則です。

この法則は、
イタリアの経済学者・ヴィルフレード・パレートが、提示した法則です。

発見した人の名前をとって
「パレートの法則」ともいわれています。
80対20の法則
例で説明すると

「かかってくる電話の80%は、番号を教えた人の20%の人から」
「レストランで注文される料理の80%は、メニューの20%だ」
「ごみの80%は、床面積の20%の場所に落ちている」
などです。

つまり、入試に当てはめると
「出題される80%の問題は、全体の単元の20%である」のです

あくまでも計算上ですが、
この20%を完璧にすれば、80%はクリアできる・・ということです


わたしの経験上から言っても
偏差値40〜59ぐらいの生徒で
すべてを理解している子は誰一人いませんでした。
まあ当然なんですけど

逆に、全部を理解していなくても合格できています。

ご存知と思いますが、
入試問題の65%を正解すれば、合格ラインです。

ですから、「法則その1」で説明した
「2トップ・2バック」を、まず理解する
必要があるのです。

さらに
もう1歩つっこんで、提案すれば
志望校を、できるだけ早く決めて
その出題傾向の高い単元を
徹底的にマスターする。

それが

合格への最短距離でしょう。


合格へのチェックシート<算数><理科>を作成しました。
プリントアウトして、志望校を研究しましょう。


お薦め本

人生を変える80対20の法則
リチャード コッチ (著), Richard Koch (原著), 仁平 和夫 (翻訳)
価格:¥1,600
この商品は国内配送料無料!この商品は国内配送料無料でお届けします!
発送可能時期:通常24時間以内に発送します。

その他は、お薦め本のページでどうぞ。


バナースペース

無料ニュースレター

塾では決して教えない合格のノウハウ
「コロンブス的・超発想で
中学受験を成功させる方法」


★ まぐまぐ大賞2008 ★
教育・研究部門 第3位


★ まぐまぐ公認 ★
殿堂入りメールマガジン







ミスターツカムのマスコミ実績

小学館・月刊 「小学六年生」
2004年12月号

「不得意教科を克服しよう」
の特集記事を書きました。

ナビゲーション