本文へスキップ

中学受験の応援サイト 中学受験ルネッサンス

算数 法則その4

グングン身につく、ワクワク文章問題!

算数の問題を読んでいて、いつも感じることがありました。。

それは、文章の内容がとてもツマラナイ・・・
ということです。

きっと、いや当然
お偉い、そして受験に長くたずさわっている
センセイがたが、お書きになっているからでしょう。

わたしに言わせれば
わざと、生徒の興味をなくす文章。
受験算数とは高尚なものなんだよ
こころして取り組みなさい
と言っている としか思えません

そこでわたしは
その単元の、導入例題を解説するとき
楽しく、場面がイメージできるような
ワクワクするような文章になおして
説明することに徹しました。


例えば、「速さと比」の基本問題で
こういうのがあります。

兄と弟が50m競争をしました。兄がゴールに着いた時、
弟はゴールの手前10mのところにいました。
また、この時の兄の記録は6.4秒でした。
弟は50m走るのに何秒かかりましたか?

とっても、ツマラナイですねえ。
勉学意欲がそがれます。

そこでこう変えてみます。

ダルビッシュ田中マー君が50m競争をしました。
田中マー君のほうが真剣に走ったのか
マー君がゴールに着いた時、
髪型を気にしながら走ったダルビッシュは
ゴールの手前10mのところにいました。
また、この時のマー君の記録は6.4秒でした。
にやけてゴールした
ダルビッシュは50m走るのに何秒かかりましたか?

このように変えて、図を描いてやると
生徒の目の輝きが違ってきます。
そして、やる気がでてきます。

サッカー好きな子供には
中田やベッカムでやってください。


また、3人が主人公の場合もワンパターンです。

比の文章題」で
女の子がでてくる場合のツマラナイ例

姉は妹より200円多く持っていましたが
兄が自分の所持金の1/4を妹にあげたので
3人の所持金は同じになりました。
3人の最初の所持金の比を求めなさい


では、お笑いトリオ、森三中に登場してもらいましょう(笑)

黒沢さん  村上さん 大島さん
ワクワク文章題

大島さん黒沢さんより200万円多く、
月給をもらっていましたが
村上さんが自分の月給の1/4を辻希美にあげたので
3人の月給は同じになり、仲良くなりました
3人の最初の月給の比を求めなさい。

女の子には、効果テキメンでした。
「他もやってみる」と
意欲的にドンドンこなしていきました。


以上のように、単元のはじめや
少々飽きてきたなあ と感じた時、
また、文章が長かったりする時、
この方法は単純ですが
よく効きました。


是非ためしてください。


その他、「ワクワク文章題」の例:

メルマガ『コロンブス的・超発想で、中学受験を成功させる方法』の
以下の、バックナンバーで、お楽しみ下さい。

第8回「線分図が命。差集め算!
第28・29回「線分図で、学習診断

バナースペース

無料ニュースレター

塾では決して教えない合格のノウハウ
「コロンブス的・超発想で
中学受験を成功させる方法」


★ まぐまぐ大賞2008 ★
教育・研究部門 第3位


★ まぐまぐ公認 ★
殿堂入りメールマガジン







ミスターツカムのマスコミ実績

小学館・月刊 「小学六年生」
2004年12月号

「不得意教科を克服しよう」
の特集記事を書きました。

ナビゲーション