本文へスキップ

中学受験の応援サイト 中学受験ルネッサンス

線分図攻略テキスト

ワクワク文章題で、線分図を完全攻略しよう!!

このホームページでも力説していますように
線分図」と「面積図」は、受験算数の両輪です。

メールマガジンでも、何度か取り上げました。
(第23回「特殊算の羅針盤!」など)

そして、その感想のメールに
『どうしたら、線分図をうまく書けるようになるんでしょうか?』
という内容のものを、たくさん頂きました。

しかし、市販されているどの参考書をみても
線分図」の書き方について、しっかりしたものがないのです。

これは、スポーツ選手に、
筋力のつけ方を、教えていないのと同じです。




そこで、わたくしミスター・ツカムが書くことにしました。

もちろん楽しみながら、線分図の基礎の基礎から学習できるようにです。

例題はもちろん、問題文も「ワクワク文章題」で書きました。

書きながら、わたくし自身も楽しみました。
なんせ登場人物は、

おばけのQ太郎、波平さん、松井、イチロー、小泉総理、GLAY
犬夜叉、日暮かごめ、名探偵コナン、毛利小五郎、
松浦あやや、ガンダム、千代大海、忍者ハットリ君・…などです。

<このテキストを使って頂いた方の感想>

◆岐阜県の方(お子さん:小5男)のメール

早速子供に見せたところ文章のおもしろさで
ぐ〜と惹きつけられたようで、
算数の宿題をする時もしっかりと
横に置いています。

昨日も文章題を解いているときに
どうしても線分図が書けず神頼みで
テキストをめくりだし、「あっ!」と叫び嬉しそうに
線分図を書き出しました。

少しずつですが、
自分で問題を解いていく嬉しさを
実感していってくれればと思っています。

☆ツカムより⇒ 自力で解ける事・・・
この歓びが自信につながります。
この調子でがんばってください。

◆千葉県の方(お子さん:小3男)のメール

ツカム先生、この線分図の問題集はすごいです。
学校から帰るなり、「わ〜 やるやる、やってみる」
と何やら既に楽しそうな雰囲気。
これには親も少々驚きました。
やはり算数にはちがいないので、
そんなに算数が好きな子だっけっか?
と思いました。 

そして「まず読みたい、全部」といってニヤニヤ、
時には声を上げて笑いながら熟読。 
それから「よおし、やってみようっと。
あっでも やるぞ〜って
思っちゃいけないんだった」と言いながら
夕食の時間過ぎても集中して続行。

終始一貫「楽しそう」にやり遂げました。
何回も繰り返せるように、コピーを10部とりました。
何回でも多分自分から進んでやることと思います。
ツカム先生の不思議なマジックに
かかってしまったような気持ちです。

子供が「学校でもこんな問題だったらなあ」
といっていたのが心に
ひっかかりました。
勉強は楽しい、と思ってくれたら、
親としてこんなうれしいことはありません。
ツカム先生、ありがとうございました。 

☆ツカムより⇒ 小3なのに熟読できるのは、
素晴らしいですね!
夕食を忘れる集中力も、才能のひとつです。
がんばってください。

◆福岡県の方(お子さん:小4女)のメール

ツカム様、テキスト届きました。
手作り感がとても「ホッ」としました。
娘は最近、
問題集など手に取りたがならなかったのですが、
このテキストは「なんか、面白そう」とページをめくりはじめました。

答えがついていなかったので、
一緒に線を書いてみました。
その過程で、「あっ、娘はこんな考えをするんだ」と
はじめて気づくこともありました。
(うまく説明できませんが)

あせらず、じっくりとやって行こうという
気持ちになりました。
どうもありがとうございました。

☆ツカムより⇒ 「気づき」って、とてもすごい事ですよね。
また、何事にも変えがたい感動が
ありますね。
あせらず、がんばってください。
    

◆大阪市の方(お子さん:小6男)のメール

阪神ファンの我が家では、
なかでも阪神タイガース引用の問題では
「おっ!」と声をあげ「強い!」のところに
アンダーラインを引いて
喜んでやっていました。

こんなふうに線分図の基本を
きちんとやった事のない息子でしたが、
終わってみると
「なんや、簡単やったわ。基礎編ってことは次はなに?
えっ、今ないの?なんで?」とやる気をみせていました。
う〜〜、感謝、感謝です。

いまはまだ2回しかやってませんが、
どんどん書く練習して
くれたらいいな。と思っています。

続編を心からお待ちしております。


☆ツカムより⇒ 小6といえども、基礎をやるということは
とても重要です。
続編もいそいで書きます。

などなど、たくさんの方から頂きました。
ホントにありがとうございました。

■ その他の体験者の感想はコチラ ■


ところで、このテキストは、ミスター・ツカムの手作りで
製本などしていなく、カッコ悪いんですが、
なぜか子供に、ウケがいいんです。

何故かと思い、友人で心理学を専攻していたヤツに、
ある時、聞いて見ました。
すると彼は、


「それは、認知不協和だよ」 
と答えました。

ダイレクトメールでもなんでも、
きれいに印刷されている物よりも、
手書きの下手な字のほうが、なんか気になるでしょ!
(このテキストはちゃんとワープロで書いてますが)そういう事だそうです!
学級新聞みたいに、感じてくれているのかなあ?

理由はどうであれ、こんなに楽しんで、
学習していただくと、作者も幸せの限り…です。

で、現在作成したテキストは、以下の3冊です。
(今後、どんどん執筆していく予定です)

@「ワクワク文章題で、線分図を完全攻略しよう!」基礎編
  −線を引く練習です。答までまだ求めません−
 ◆人気登場人物
  おばけのQ太郎・GLAY・後藤真希・イチロー・阪神タイガース など

A「ワクワク文章題で、線分図を完全攻略しよう!」実践編 和差・分配・倍数算
  −問題を読み、線分図を書き、答まで求める−
 ◆人気登場人物
  松井秀喜・ウルトラマンコスモス・シズカちゃん・犬夜叉・名探偵コナン など

B「ワクワク文章題で、面積図を完全攻略しよう!」基礎編(つるかめ算)
  −面積図っていったい何? 初めて面積図を書く!!−
 ◆人気登場人物
  ターミネ−ター・ちびまるこちゃん・クレヨンしんちゃん・ゴジラ対ガメラ



【その他の喜びの声】

□ 線分図テキスト
「親子共々、大変勉強になりました。ありがとうございます」
「なーんだ、問題のいうとうりに書けばいいんだ! と気づいてくれました」
「ベッカムとタッキーが登場するなんて!子供のやる気が違います」
「もっと早く知りたかった。けど手遅れにならなくて良かった!」
「親がいくら言っても聞かなかったのに、丁寧に書き始めました」
「わくわくしながら魔法のように問題が解けるような気がいたします」
「親の私が、かしこくなったようで気分良いです」
「塾の講師なんですが、この教え方で皆バッチリ理解してくれました」
「この内容は、大手の塾ではできないでしょうね」
「海外で使わせていただいてます。帰国子女には強い味方!」
「お友達にも、紹介しちゃいました」
「息子が、線分図・大好き少年になっちゃいました!」
「線分図のトラウマから、脱却できそうな気がします」
「親のわたしも、少し目からウロコ…でした」
「実践編は、親の私が勉強します」
「文章を読んで、図を書こう…という意識がついてきました」
「自分で、面白い問題をつくり、楽しんでやっているようでした」



□面積図テキスト
「講習会で習わなくても、このテキストで完璧です」
「親がつるかめ算に、ハマッちゃいました」
「補助線の書かせ方が、さすがツカム先生!」
「算数のテキストに、超能力?…これがウケました」
「塾で習った、図の謎が解けました。ありがとう」
「面積図の解法、感動しました!やる気もでたみたい」
「変ですけど、算数って素晴らしいですね!」…



ご興味のある方・ご購入希望の方は、
お問い合わせフォームより、お願いします。

詳しい案内メールを、折り返しさしあげます。

→ お問い合わせフォーム

メールがうまく使えない方、
FAX でもお問い合わせください。→ 020-4624-1690(24時間対応)


バナースペース

無料ニュースレター

塾では決して教えない合格のノウハウ
「コロンブス的・超発想で
中学受験を成功させる方法」


★ まぐまぐ大賞2008 ★
教育・研究部門 第3位


★ まぐまぐ公認 ★
殿堂入りメールマガジン







ミスターツカムのマスコミ実績

小学館・月刊 「小学六年生」
2004年12月号

「不得意教科を克服しよう」
の特集記事を書きました。